車いすバスケットボールプレーヤー 宮島徹也(みやじまてつや)からのメッセージ

プロフィール

宮島徹也

車いすバスケットボールプレーヤー

車いすバスケチーム「富山県車椅子バスケットボールクラブ(富山県WBC)」及び日本代表チームで活躍中
【富山県WBC】
2006日本選抜選手権 優勝
2009日本選抜選手権 優勝(個人賞・MVP獲得・ベスト5選出)
2010日本選抜選手権 ベスト4
2011ミリオンカップ 個人賞・得点王
2014日本選抜選手権 優勝(得点王・MVP獲得)
2015日本選手権 個人賞・スリーポイント賞
【東海北陸選抜】
全日本ブロック選抜車椅子バスケットボールクラブ 6連覇(2005〜2010)
4年連続 個人賞獲得・オールスターファイブ選出(2007〜2010)
【国際大会】
2006国際親善車椅子バスケットボール大阪大会 3位
2006フェスピック競技大会 4位
2008北京パラリンピック 7位
2010アジアパラリンピック(中国・広州)優勝
2012ロンドンパラリンピック 9位
2014アジアパラリンピック(韓国・インチョン)準優勝
2014北九州チャンピオンズカップ国際車椅子バスケットボール大会 優勝
2016ロンドンパラリンピック 9位

使用車いす

バスケ用:NSB-08
出身地での講演会 2017年1月18日
先日1月14日、私の出身地、富山県砺波(となみ)市での教育大会に参加し、そこで講演をさせていただきました。

講演の会場である砺波文化会館は1200人を収容できるとても大きなホールです。まさか自分がそのステージに立って講演をするとは夢にも思っておらず、パラリンピックよりも緊張気味で講演に臨みました。

砺波市の地域の方や、中学校の時にお世話になった先生方の前で、自身の体験などを話させていただきました。

2017年初の講演でしたが、無事に終えることができ良かったです。
がむしゃらにただひたすらバスケットに打ち込んでた自分より、大人っぽく成長した宮島徹也を見て頂くことが出来たと思います。

しかし、変わらないがむしゃらさも大切にし、また今年もバスケに取り組んでまいります。
宜しくお願いいたします。


▲ページのトップへ