車いすバスケットボールプレーヤー 宮島徹也(みやじまてつや)からのメッセージ

プロフィール

宮島徹也

車いすバスケットボールプレーヤー

車いすバスケチーム「富山県車椅子バスケットボールクラブ(富山県WBC)」及び日本代表チームで活躍中
【富山県WBC】
2006日本選抜選手権 優勝
2009日本選抜選手権 優勝(個人賞・MVP獲得・ベスト5選出)
2010日本選抜選手権 ベスト4
2011ミリオンカップ 個人賞・得点王
2014日本選抜選手権 優勝(得点王・MVP獲得)
2015日本選手権 個人賞・スリーポイント賞
【東海北陸選抜】
全日本ブロック選抜車椅子バスケットボールクラブ 6連覇(2005〜2010)
4年連続 個人賞獲得・オールスターファイブ選出(2007〜2010)
【国際大会】
2006国際親善車椅子バスケットボール大阪大会 3位
2006フェスピック競技大会 4位
2008北京パラリンピック 7位
2010アジアパラリンピック(中国・広州)優勝
2012ロンドンパラリンピック 9位
2014アジアパラリンピック(韓国・インチョン)準優勝
2014北九州チャンピオンズカップ国際車椅子バスケットボール大会 優勝
2016ロンドンパラリンピック 9位

使用車いす

バスケ用:NSB-08
2017年に向けて 2016年12月20日
みなさんこんにちは。富山県車いすバスケの宮島です。

あの熱かったリオから三カ月が経ちました。
私の住んでいる石川県では、雪の日や寒い日が続いています。

この三カ月の間には、リオに出場したからこそ呼んでいただけるようなイベントに出席したり、地域の各小中学校で講演をさせていただいたり、東海北陸選抜の選手として北九州の大会に出場したり、といった活動を行っておりました。バスケットでもそれ以外でも多くの方と知り合い、様々なお話をきくことができた、中身の濃い三カ月でした。
コンビニエンスストアで買い物をしていると、「宮島選手ですよね?リオでの大会お疲れ様でした!」と声をかけてくださる方や、「これからも頑張ってください」と握手をしてくれた高校生もいました。

自分の身の回りの環境がまた変わったなと思うのと同時に、もっと頑張っていこうという気持ちが高まってきました。

今年ももうおわりですね。この一年があっという間に感じた方も、そうでなかった方も、来年に向けて準備し、新たな目標に向かって進んでいきましょう!


▲ページのトップへ