車いすバスケットボールプレーヤー 宮島徹也(みやじまてつや)からのメッセージ

プロフィール

宮島徹也

車いすバスケットボールプレーヤー

車いすバスケチーム「富山県車椅子バスケットボールクラブ(富山県WBC)」及び日本代表チームで活躍中
【富山県WBC】
2006日本選抜選手権 優勝
2009日本選抜選手権 優勝(個人賞・MVP獲得・ベスト5選出)
2010日本選抜選手権 ベスト4
2011ミリオンカップ 個人賞・得点王
2014日本選抜選手権 優勝(得点王・MVP獲得)
2015日本選手権 個人賞・スリーポイント賞
【東海北陸選抜】
全日本ブロック選抜車椅子バスケットボールクラブ 6連覇(2005〜2010)
4年連続 個人賞獲得・オールスターファイブ選出(2007〜2010)
【国際大会】
2006国際親善車椅子バスケットボール大阪大会 3位
2006フェスピック競技大会 4位
2008北京パラリンピック 7位
2010アジアパラリンピック(中国・広州)優勝
2012ロンドンパラリンピック 9位
2014アジアパラリンピック(韓国・インチョン)準優勝
2014北九州チャンピオンズカップ国際車椅子バスケットボール大会 優勝
2016ロンドンパラリンピック 9位

使用車いす

バスケ用:NSB-08
日本選手権大会 結果 2015年5月11日
こんにちは、宮島です。

日本選手権大会が終わりました。
富山県WBCは予選リーグ1勝1敗1引き分けで、予選リーグでの敗退に終わりました。
応援してくださった皆さんありがとうございました。

優勝チームは宮城マックスとなり、宮城マックスは大会史上初の7連覇です。宮城マックスのみなさん、おめでとうございます!

負けてしまいましたが、来年またこの大会に出場出来るように気持ちを切り替え、富山県WBCも来年に向け、もう始動しなければいけません。

私個人としては、今大会から個人賞として設けられたスリーポイント賞をいただき、励みになりました。さらにプレイの精度を高め、世界でも通用するように頑張りたいと思います。




国内で一番大きな大会が終わりましたが、今年は更に大切な大会があります。リオ大会に向けてのアジアオセアニア地区予選です。(2015年10月に千葉ポートアリーナで開催される予定です)
出場する日本代表メンバーはまだ決まっていませんが、日本は団結し、必ず勝たなければいけません。

自分が選ばれ、戦える準備ができているよう、今後も活動していきたいと思います。




▲ページのトップへ