車いすバスケットボールプレーヤー 宮島徹也(みやじまてつや)からのメッセージ

プロフィール

宮島徹也

車いすバスケットボールプレーヤー

車いすバスケチーム「富山県車椅子バスケットボールクラブ(富山県WBC)」及び日本代表チームで活躍中
【富山県WBC】
2006日本選抜選手権 優勝
2009日本選抜選手権 優勝(個人賞・MVP獲得・ベスト5選出)
2010日本選抜選手権 ベスト4
2011ミリオンカップ 個人賞・得点王
2014日本選抜選手権 優勝(得点王・MVP獲得)
2015日本選手権 個人賞・スリーポイント賞
【東海北陸選抜】
全日本ブロック選抜車椅子バスケットボールクラブ 6連覇(2005〜2010)
4年連続 個人賞獲得・オールスターファイブ選出(2007〜2010)
【国際大会】
2006国際親善車椅子バスケットボール大阪大会 3位
2006フェスピック競技大会 4位
2008北京パラリンピック 7位
2010アジアパラリンピック(中国・広州)優勝
2012ロンドンパラリンピック 9位
2014アジアパラリンピック(韓国・インチョン)準優勝
2014北九州チャンピオンズカップ国際車椅子バスケットボール大会 優勝
2016ロンドンパラリンピック 9位

使用車いす

バスケ用:NSB-08
日進医療器 本社を訪問 2014年11月29日
こんにちは、富山県車椅子バスケットボールクラブ 宮島です。

11月29日で26歳になりました、たくさんの方からの「おめでとう」のメッセージをいただきました、ありがとうございます。

 さて、その誕生日に、僕は愛知県での東海北陸ブロック強化練習に参加。そして、その練習前に、ニッシンさんにお邪魔させていただきました。僕は高校生だった頃から10年近く、ニッシンのバスケ用車イスと一緒に競技に打ち込んでいます。
 今回、ニッシンの工場でメカニックの方にバスケ用車イスの調整をしていただきました。車イス操作が荒い僕にとっては、車イスのメンテナンスはとても重要です。
 メカニックの方は、僕が試合や練習で感じた車イスについての感想を熱心に聞いて、メモを取ってくれていました。こうした勉強・研究に熱心な皆さんのおかげで、素晴らしい車イスや福祉用具が開発されていくのだと思います。

 僕も負けないように、自分のバスケット技術の向上を追求していきます。


▲ページのトップへ