車いすバスケットボールプレーヤー 藤本怜央(ふじもとれお)からのメッセージ

プロフィール

藤本怜央

車いすバスケットボールプレーヤー

車いすバスケチーム「ハンブルガーSV(ドイツ)」「宮城MAX」及び日本代表チームで活躍中
日本代表チームでは2013年よりキャプテン
【宮城MAX】
日本選手権 9連覇(2008〜2017※2012は大会中止)
得点王 10大会連続11回獲得
2009・2014・2016・2017MVP獲得
【国際大会】
2004アテネパラリンピック 4位
2005U-21世界選手権イギリス大会 準優勝
2006ゴールドカップ オランダ大会 7位
2008北京パラリンピック 7位
2010ゴールドカップ イギリス大会※ 10位
※得点ランキング1位(平均得点)
※リバウンドランキング2位
2010アジアパラリンピック(中国・広州)優勝
2012ロンドンパラリンピック 9位
2014アジアパラリンピック(韓国・インチョン)準優勝
2014北九州チャンピオンズカップ国際車椅子バスケットボール大会 優勝
2016リオパラリンピック 9位

使用車いす

バスケ用:NSB-08
ご無沙汰しています 2017年4月13日
皆さんこんにちは。
そしてお久しぶりです。
長期間更新せずに申し訳ありませんでした。


リオが終わり、新たな挑戦のために、再び海を渡り、3シーズン目となるブンデスリーガに挑戦していました。
所属は同じBG BASKETS HAMBURG


今シーズンはリオからそのままの流れでの海外挑戦だったので、コンディションを今まで以上に高くたもって、シーズンを過ごせました。
今シーズンのチーム目標はリーグ優勝でした。
そのための補強に今まで以上に力を入れてくれていたのだと思います。今回はチームメイトにリオ大会のメダリストが加入し、チーム力の底上げが確実にされた印象でシーズンに突入しました。
シーズン序盤で連勝を重ね、プレイオフ進出圏内でもある4位以上をキープしながらも、上位チームに勝利し、チームにムードを作り続ける作業が今回のシーズンのポイントだったと思います。
個人のレベルが高い集団では、能力を上げるのか下げるのかによってチーム力が上がるのか下がるのかがはっきりわかります。特に個が強すぎると、エゴの集団となりチーム力は安定しません。しかしチームを優先しても個の力を押さえつけてしまい、相乗効果を生み出せなくなります。如何に状況を見て引き出し合えるかが重要です。
練習では常に100%。その中で生まれる質の高い連携をしっかりと生み出したチームがファイナルへと進んでいく世界の中で、自分の成長がどこまでチームに影響するかを考え過ごした今シーズンは非常に多くの事を学べたと思います。

今シーズンの結果はリーグ三位、ユーロリーグ準決勝ラウンド進出、ドイツカップ三位という結果。
目標には到達出来ませんでしたが皆さんの声援のおかげで成長できたシーズンでした。
ありがとうございました。


今月に日本に帰国します。
次は日本でどこまで成長できるのか、に挑戦です。
世界選手権、そしてTOKYOに向けてさらに頑張ります。


BG BASKETS HAMBURG
藤本 怜央


▲ページのトップへ