車いすバスケットボールプレーヤー 藤本怜央(ふじもとれお)からのメッセージ

プロフィール

藤本怜央

車いすバスケットボールプレーヤー

車いすバスケチーム「ハンブルガーSV(ドイツ)」「宮城MAX」及び日本代表チームで活躍中
日本代表チームでは2013年よりキャプテン
【宮城MAX】
日本選手権 9連覇(2008〜2017※2012は大会中止)
得点王 10大会連続11回獲得
2009・2014・2016・2017MVP獲得
【国際大会】
2004アテネパラリンピック 4位
2005U-21世界選手権イギリス大会 準優勝
2006ゴールドカップ オランダ大会 7位
2008北京パラリンピック 7位
2010ゴールドカップ イギリス大会※ 10位
※得点ランキング1位(平均得点)
※リバウンドランキング2位
2010アジアパラリンピック(中国・広州)優勝
2012ロンドンパラリンピック 9位
2014アジアパラリンピック(韓国・インチョン)準優勝
2014北九州チャンピオンズカップ国際車椅子バスケットボール大会 優勝
2016リオパラリンピック 9位

使用車いす

バスケ用:NSB-08
ブンデスリーガ終了、そしてユーロリーグへ 2015年3月23日
2015年もあっという間に3月の中旬に入りましたね。
日本はこのところ暖かいポカポカ陽気が続いたと聞きました。
私のいるドイツでも、暖かいとまではいきませんが、厳しい寒さは落ち着き、快晴の毎日が続いています。

前回の更新では、プレイオフ進出なるか!?というところでした。
その後の戦いを振り返りたいと思います。


2月の時点でリーグ戦を2試合残し5位という順位でした。
その最後の2試合の相手が4位のチームと最下位のチーム。この4位のチームに勝利をすればプレイオフ進出が確実になる、といった状況で試合に臨みました。
試合は序盤から点の入れ合いになり、ハイスコアのゲームとなりましたが、最後まで集中力を保ち、40分間自分たちのバスケットを続けたことが結果につながり、無事にプレイオフ進出を果たしました。
リーグ戦は9チームと2試合ずつ戦い、前半戦に負けた相手にも後半戦に勝利をしたりなど、大会を通して自分たちが確実に成長をした非常に収穫のあるリーグとなりました。

上位4チームが決まり、今月からプレイオフが開始、4位通過の私たちはリーグ1位との戦いでした。ここにはなかなかリズムが作れず大敗を喫し、プレイオフ一回戦で敗退。
最後に本当の強さを持ったチームと戦えたことは大きかったですね!プレーしながら勉強になりました。

シーズンも終盤に差し掛かり、いよいよユーロリーグがスタートしました。
予選ラウンドはオーストリア・ウィーンに移動しての2日間で4試合。
非常にタフな試合になりましたがなんとか1位通過!
ユーロリーグもファイナルに進出し、4月末に次はスペイン・マドリードで3日間で5試合との情報です。(笑)

この間に代表のベルギー遠征も控えているので、非常にハードな毎日になることでしょう。
一層体調管理をしっかりして最高のシーズンにしていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。

藤本 怜央


▲ページのトップへ