車いすバスケットボールプレーヤー 吉田絵里架からのメッセージ

プロフィール

吉田絵里架

車いすバスケットボールプレーヤー

兵庫県出身
女子車いすバスケチーム「カクテル」及び日本代表チームで活躍中。
2004アテネパラリンピック出場・5位
2007VISAパラリンピックワールドカップ(英マンチェスター)優勝
2008北京パラリンピックに主将として出場・4位
2010アジアパラリンピック(中国・広州)に主将として出場・優勝
2014アジアパラリンピック(韓国・インチョン)準優勝
2015国際親善女子大阪大会 優勝

使用車いす

バスケ用:NSB-08
日常用:エボリューションAS-2
あじさい杯 2014年6月6日
皆さんこんにちは。
夏のように暑くなったかと思えば梅雨入りで涼しくなってきましたね。

今回は涼しくなる前の蒸し暑い週末の大会報告です。
5月31日(土)・6月1日(日)の2日間神戸であじさい杯という大会が行われました。
この大会は21回目と歴史も古く、毎年西日本を中心とした女子チームのみが集まってくれます。
今年はカクテルを含む4チーム+健常者の大学チームの5チームの参加で、総当たりで戦いました。
5月31日の土曜日は元パラリンピック代表のカクテルのHCによるクリニックを試合前に行い、約30名程の選手が参加して学びながらのプレーを行いました。
このクリニックは女子選手の交流を図ることを目的として数年前から行われていますが、試合前にも関わらず毎年沢山の選手が参加してくれるので主催者側としては本当に嬉しい限りです!外部から飛び入り参加したメンバーもいてとても楽しそうにしている姿をみてとても嬉しくなりました。

 あじさい杯の試合は各チーム2日間で4試合ずつ。カクテルは土曜日1試合日曜日3試合連続となかなかタフなスケジュールでした。昨年は優勝できず予選敗退だったので今年は優勝することを大きな目標として、頑張りました。
 普段はチームメンバーが少ないためゲーム形式の練習ができず、実践で挑戦することがずっと続いています。そんな中、以前からの願望?目標の一つでもあった「100点ゲーム」をすることができました!女子の車いすバスケは得点力に欠けることが課題で、過去に女子の試合でみたことも経験したこともありませんでした。
 

試合が終わったあとは、即記念撮影^^; 本当に嬉しかったです!
危うい試合もあったものの、全勝での優勝をすることができました。選手権に向けて準備していることをチャレンジしながらの大会で結果を出せたことは私達にとって大きな収穫でした。もっともっと色んなことを学び、チャレンジして自分達の財産にして更に強くなりたい!バスケをもっとしたい、そう感じた大会でした。

この大会で、カクテルは主催者側としても動いていますが、主催にあたって改めて関わってくださる方々の存在の大きさに感謝の気持ちでいっぱいです。今回も沢山の方々に協力していただきました。そんな感謝の気持ちを形にするためにもチームでしっかりプレーして良い試合をみてもらえるように頑張ろうと思いました。頑張ってない場合は叱咤激励宜しくお願いします。

次の試合は、今月カナダで開催される世界選手権です。日本代表として精一杯頑張ってきます。


▲ページのトップへ