車いすバスケットボールプレーヤー 吉田絵里架からのメッセージ

プロフィール

吉田絵里架

車いすバスケットボールプレーヤー

兵庫県出身
女子車いすバスケチーム「カクテル」及び日本代表チームで活躍中。
2004アテネパラリンピック出場・5位
2007VISAパラリンピックワールドカップ(英マンチェスター)優勝
2008北京パラリンピックに主将として出場・4位
2010アジアパラリンピック(中国・広州)に主将として出場・優勝
2014アジアパラリンピック(韓国・インチョン)準優勝
2015国際親善女子大阪大会 優勝

使用車いす

バスケ用:NSB-08
日常用:エボリューションAS-2
島根県に行ってきました 2013年9月23日
皆さんこんにちは!9月に入って朝晩がとても涼しくなりましたね。
今月は3連休が続きますが、私はもちろんバスケ三昧です。

9月14日〜15日に島根県で開催された「第3回ひとまろMASUDA オープン 車いすバスケットボール大会」に男子チーム「ビクトリー」にお邪魔して参加しました。この大会は健常者も参加することができたり、女子のプレータイムを2Q以上とするといった、ユニークなルールを用いて行われました。
参加チームは西日本8チーム、そのうち私の地元兵庫のチームが3チームと、関西地域率がとても高く大会会場では見知った顔ぶれがたくさんでした!

試合は土曜日に予選2試合、日曜日の本選2試合の計4試合が行われ、私が今回お邪魔したビクトリーは、接戦しつつ決勝に残り、決勝では兵庫県のチーム同士の対決となりました。
最後は大差になりましたが、結果は準優勝!負けましたが、一生懸命やれたのでとても楽しかったです。
4試合中、3試合フル出場させてもらえたことも本当に有難くて、男子相手に学ぶことがとても多く貴重な経験ができました。ビクトリーの皆さんありがとうございます!
そして会場ではボランティアさんがお世話をしてくださったり、地元の学生さん達の素敵な演奏も聞けました。土曜日には交流会も行われて、試合以外でも楽しく過ごすことができました。
「島根県は夏の災害の影響でとても大変でしたが、この大会を開催することができて嬉しい」とお聞きして、実行委員会の方々の努力あってこその大会に参加できたことを本当に嬉しく思いました。とても素敵な大会なので5年10年とぜひぜひ継続していただきたいです!本当にありがとうございました。

余談ですが、島根県は人生初で出雲大社や石見銀山など心惹かれる観光スポットがいっぱいで行く前は喜んでいましたがいざ調べてみると大会開催地から数時間の距離・・泣く泣く断念しました。次回はバスケ抜きで島根県を満喫しようと計画中です!
まだまだ先になりそうですが・・
11月の女子選手権連覇に向けてこれからますます忙しくなります。皆さん応援宜しくお願いします!


▲ページのトップへ