車いすバスケットボールプレーヤー 吉田絵里架からのメッセージ

プロフィール

吉田絵里架

車いすバスケットボールプレーヤー

兵庫県出身
女子車いすバスケチーム「カクテル」及び日本代表チームで活躍中。
2004アテネパラリンピック出場・5位
2007VISAパラリンピックワールドカップ(英マンチェスター)優勝
2008北京パラリンピックに主将として出場・4位
2010アジアパラリンピック(中国・広州)に主将として出場・優勝
2014アジアパラリンピック(韓国・インチョン)準優勝
2015国際親善女子大阪大会 優勝

使用車いす

バスケ用:NSB-08
日常用:エボリューションAS-2
全日本女子選手権 2010年11月15日
こんにちは。11月も中旬に入り、ますます寒くなってきましたね。
今回は、前回お話した選手権の結果についてご報告します。

全日本女子選手権は全国から8つの女子チームが集まり2日間かけて日本一を決める大会。私の地元である神戸で開催されました。
所属チーム「カクテル」の2連覇をかけて臨みました。
初戦、準決勝と危うい場面もありながらも、なんとか勝ち進みましたが、決勝戦で最終57対51で敗れ、準優勝という結果になりました。
結果を出してこそなので、すごく悔しかったけど、優勝したチームと戦いながら「チームワークの強さ」を学ばせてもらいました。いや〜、ほんとすごかったです。やりたいバスケ、目指すものがそこにありました。戦えていい経験になりました。
そして、最後まで試合をあきらめず一緒に戦うことができたことには、改めてチームメイトの存在に感謝!彼女達なしは考えられません。これからも喜びを共にわかちあえるよう、今回の悔しさをバネに顔晴っていきたいなと思いました。
また、この大会には連盟・神戸市スポーツ協会など多くの方々が関わっていて私達をサポートしてくださっていました。(日進医療器のメカニックさんも、修理担当として来場されていたので、ちゃっかりお世話になりました。いつもありがとうございます。)
本当にありがたいことです。そんな皆さんのためにも気持ちよくプレーして、スポーツの発展に貢献していきたいなと、いつも思います。

選手権の直後にひいた風邪の影響がまだ残っているのですが、来週から全日本の合宿が高知県で始まります。そして、12月にはアジアパラリンピックに日本代表として参加します。
今年は負けの多い年だったので、勝って良い年越し準備ができるよう今からまたトレーニングに励みます!
高知県では、合宿頑張りつつ、温泉につかって疲れをほぐしたいな、なんて。
皆さんも風邪やインフルエンザに気をつけてくださいね。
「うがい・手洗い・腕洗い」全日本女子メンバーの口癖です。

(写真)
上:全日本女子選手権での吉田絵里架選手。
中:全日本女子選手権決勝戦の様子。
下:吉田絵里架選手。今回の写真を提供してくださった大西様と一緒に。


▲ページのトップへ